MENU

ニュース

2021年8月22日

新型コロナウイルス感染経過概要と内部調査報告について

皆様におかれましては、コロナ禍の続く中、琉球ブルーオーシャンズ(球団社長:北川智哉、https://ryukyu-blueoceans.jp)の活動についてご理解・ご協力をいただき御礼申し上げます。また、この度は球団内新型コロナウイルス感染症陽性者が確認され、応援してくださる皆様へご心配とご迷惑をおかけしおりますこと、心よりお詫び申し上げます。

 

 

■経過の概要

8月15日(日) 朝:選手1名より体調不良申出を球団マネージャーが受け、GMが自宅待機を命じる。

8月16日(月) 球団監督、コーチ、選手、関連スタッフ全員PCR検査を実施。

8月17日(火) 新型コロナウイルス感染症陽性者9名が判明。陽性者は全員自宅療養、その他陰性者も保健所の指示のもと、濃厚接触者の可能性があるため自宅待機。

8月18日(水) 新たに2名の陽性を確認。

8月19日(木) 新たに3名の陽性を確認。

8月20日(金) 新たに1名の陽性を確認。

8月21日(土) 新規陽性者なし。

8月22日(日) 新規陽性者なし。(15時時点)

※なお、8月16日、17日の試合に関しましては両チーム関係者の安全を考慮し、中止とさせていただきました。

 

 

■球団内部調査の報告と今後の感染症対策について

5月の沖縄県緊急事態宣言発令時より、球団といたしましては毎日の検温・体調確認、手指の消毒等を徹底するとともに、球団規律として①条例を違反し8時以降の店内飲食や酒類を提供しているお店の利用禁止②繁華街への外出禁止③不要不急の外出は控える④会食の際は4人までにすること等、国や県の方針に従い行動するようコーチ、選手へ呼びかけを行ってまいりました。また、遠征におきましても同様の呼びかけを行い、コロナ感染への対策を行ってまいりました。

しかし、今回、球団内にて陽性者が確認された為、球団といたしましては最初に体調報告を受けた15日より4日遡った8月11日より九州遠征へ行った全員に行動履歴の提出を求め、調査を行いましたところ、以下の通り、上記球団規律を守らずに行動していたコーチ、選手が複数名いることが判明いたしました。

 

1.8月11日

コーチ1名(陽性)、選手1名(陽性)、他3名(不明)で20時以降に酒類の提供及び接待を伴うお店にて0時前後まで4名以上で飲酒。

2.8月12日

コーチ1名(陽性)、選手1名(陰性)、他1名(不明)で20時以降に酒類の提供伴うお店にて0時前後まで飲酒。

3.8月12日

コーチ1名(陰性)、他5名(不明)で20時以降に店内営業をしているお店にて4名以上で0時前後まで食事。
(※酒類の提供に関しましては現在調査中となっております。)

※陽性、陰性に関しましては8月22日15時時点となります。

今回、このように規律違反者を複数名出てしまい、球団としての管理体制が不十分であったと反省しております。今後、日頃からの門限の徹底、外部との接触がないようにする等、より徹底した管理体制を整えて参ります。

この度は、皆様にご迷惑をお掛けいたしましたこと心よりお詫び申し上げます。

PAGETOP